注目の建材12,250商品とメーカー1,004社を網羅
トレンド

いざという時のために。災害対策に備えておきたい建材~家の点検編~【第3回/全4回】

災害対策していますか?やらなきゃ、と思っていてもつい後回しという方も多いのでは?9月1日は防災の日。いざという時に困らないために、しっかり対策していきましょう。防災グッズなどを揃えるのと同時に検討したいのが、家の防災性能向上です。
防災性能を向上させるためには、家の現状を把握することが欠かせません。今回は、点検の際に役立つアイテムをご紹介します。何が足りなくて、どこをどのように改善する必要があるのか。OBのお客様には定期点検や普段から気にかけておくことで、「何かあった時には相談しよう」とお客様から信頼していただけるようにもなります。
しっかりと調べたうえで、お客様へと提案していきましょう。

建物壊さず筋交いチェック
高性能なサーモグラフィカメラによる非破壊調査「赤外線筋交い調査」
サーモアドベンチャー

サーモアドベンチャー 赤外線筋交い調査

高性能なサーモグラフィカメラで筋交いがどこに、どのように入っているかを調査できる。図面通りに筋交いが入っていない、図面が残っていない等がありがちな古い建物の耐震リフォーム計画を、非破壊で作成するのに役立つ。

ドローンで安全に屋根点検
ドローン屋根点検アプリ「DroneRoofer(ドローンルーファー)」
CLUE(クルー)

CLUE(クルー) DroneRoofer(ドローンルーファー)

アプリのボタンをタップするだけでドローンが自動で上昇し、屋根全体を撮影。屋根に上がらなくても、ドローンで簡単に屋根点検ができる。撮影画像はiPadにリアルタイムに反映されるため、お客様に屋根の状態を見せることも可能。

問題箇所を素早く発見
プロフェッショナルグレードのスマートフォン用赤外線カメラ「FLIR ONE Pro」
FLIR(フリアーシステムズジャパン)

FLIR(フリアーシステムズジャパン) FLIR ONE Pro

最大3台のスポット温度メーターと6つの温度領域で、-20℃~400℃までの温度を測定できるツール。冷暖房空調設備の問題や、水による損傷など、目に見えない問題箇所をこれまで以上に早く発見することが可能となる。

7色で雨漏り原因をしっかり特定
雨漏りの浸入経路を特定する新技術「レインボービューシステム」
JHSエンジニアリング

JHSエンジニアリング レインボービューシステム

紫外線を当てると発光する7色のレインボービュー検査液を、構造物の屋根や壁から流し込み、雨漏りの原因個所をピンポイントで特定する工法。一般社団法人 全日本雨漏調査協会認定の雨漏り調査技師により考案された。

この記事に設定されたタグ :
サーモグラフィカメラ
ドローン
リフォーム
屋根
建物診断
点検
現場調査
筋交い調査
耐震
防災
雨漏り
非破壊検査
非破壊検査機

ページのトップへ

カテゴリ一覧