ルイスポールセンジャパン

ペンダントライト「VL45 Radiohus Pendant(ラジオハウスペンダント)」φ175mm

どこでもフィットして魅力的な空間をつくる、小さなランプ

概要

「ラジオハウスペンダント」は、1940年代にコペンハーゲンにあるデンマーク国営放送局(ラジオハウス)のために、デンマーク人建築家ヴィルヘルム・ラウリッツェンがルイスポールセンと共同で製作しました。真鍮のサスペンションと乳白色の三層吹きガラスシェードの組み合わせは、オリジナルデザインそのままです。

タイムレスで美しいフォルムのガラスペンダントです。空間に柔らかい拡散光を均等に広げる全般照明用のペンダントですが、開口部からは直接光が下方に向けられるので、テーブル上に吊下げるのにも適しています。ハンドメイドの三層吹きガラスは、外側と内側の層に光沢ある透明ガラスを用い、真中の乳白ガラス層をサンドイッチしています。

種類・型番

【サイズ】
φ175 x 246mm
【重量】
1.0 kg
【光源】
E17 LED電球(白熱電球40W相当)
【色/仕上】
乳白光沢ガラス
【素材】
三層吹きガラス、真鍮、ヘアライン仕上(無塗装)
【取付】
引掛けシーリング取付型

価格(税別)

48,000円

ページのトップへ

カテゴリ一覧