サーモアドベンチャー

サーモグラフィによる外壁診断「赤外線カメラによるタイル浮き調査」

赤外線による外壁タイルの浮き診断を提供します。

概要

サーモグラフィによる外壁診断は、従来の打診検査と比べ、多くのメリットがあります。
● 画像にとして保存ができ、後任の方への引き継ぎが容易です。
● 離れた場所から測定できるため、広範囲に診断でき、診断期間の短縮が出来ます。
● 足場を必要としないため、住民の方々の負担を軽く出来ます。
● 赤外線診断は、打診中による浮きの広がり、剥離の心配がありません。

種類・型番

【定期報告制度】
特殊建築物のタイル等の外壁は、定期報告制度により10年ごとに劣化損傷を検査することが義務付けられています。 建物の老朽化で、タイルがはがれ落ちて、通行人に怪我を負わせる事故が発生しているためです。 もし万が一、検査を怠って通行人が怪我をしたりしたら、管理者や所有者の管理責任が問われますので注意が必要です。
様々な状況に対応
・障害物があったり、隣の建物が近く、赤外線サーモグラフィが使えないとき             
・高層ビルで、通常の調査ができない場合                  
・官公庁が、打診調査を指定している場合 等々
赤外線サーモグラフィカメラを搭載したドローンでの撮影や打診なども併用し、トータル的に外壁タイルの劣化調査を行うことも可能です。

ページのトップへ

カテゴリ一覧