サーモアドベンチャー

断熱リフォーム診断「断熱性能(熱貫流率)シミュレーション」

熱の損失が極力少ない建物を計画することが可能です。

概要

断熱リフォームをするときに、建物のどこから熱が多く逃げているのか、また、夏にどの部分から日射熱が多く入り込んでいるのかを知ることで、断熱工事の仕様と優先順位を選ぶことが出来ます。

いくつかの断熱材や開口部のパターンで建物のUa値(平均熱貫流率)がどのようになるか、シミュレーションします。これによって、ご予算、工事内容、工事前後の断熱性能の比較などを知ることができるので、工事計画の優先順位も決められます。このことで、熱の損失が極力少ない建物を計画することが可能です。また、ご希望のUa値に合わせた断熱工事のシミュレーションのご提案も可能です。

画像は、建物の部位別に逃げている熱量の図です。
どこからどのくらい熱が逃げているかを図と数値で示すことで、どこの部位を優先的に断熱工事を提案すれば良いかがわかります。
次の画像は、断熱リフォームした場合のシミュレーションです。
解体工事が無い屋根・開口・床の断熱化工事を行い、外壁は北側の部屋のみ断熱パネルを貼る提案をしました。建物全体の熱損失が、516.56W/K→146.09へ、70%以上も大きく減少しました。

種類・型番

※一般の方へ
まずは、心配なことやご要望をお聞かせください。
ご予算とご要望に合わせた診断をいくつか提案させて頂きます。

※建築会社、設計事務所、建物管理の方へ
断熱設計専門の方が社内にいらっしゃらない場合は、
お客様への断熱設計・環境改善の提案をご支援いたします。

ページのトップへ

カテゴリ一覧