サーモアドベンチャー

非破壊で断熱性能を測定できる「壁の熱貫流率(U値)測定」

床・壁・天井の各部位の熱貫流率(U値)を測定、断熱性能を知ることが可能です。

概要

熱還流率測定で、家や物体の断熱性能を測定しませんか?
・どのような断熱リフォームを行えば良いのか。
・寒さ・暑さの原因は、断熱性能にあるのか。
・新しい商品の断熱性はどのくらいあるのか。
など知ることができます。

断熱リノベーション計画の為、今の壁の断熱性能が知りたい、工事をしたけれど設計値通りの断熱性能が出ているか知りたいといったときなど、床・壁・天井の各部位の熱貫流率(U値)を測定することが可能です。非破壊で測定するので、建物を傷めずに断熱性能を知ることが可能です。

熱還流率(U値)とは?
伝導・対流・放射の3要素をひとまとめにしたものが熱還流です。
熱還流とは、建物の室内と屋外のように、一方の空気から壁や屋根などを貫通して、他方の空気まで熱が伝わる一連の現象(熱伝達⇒伝導⇒熱伝達)をまとめたものです。
熱還流による熱の伝わりやすさは、熱還流率(U値)【W/㎡K】といわれ、「内外の温度差が1℃の時に1㎡あたりに還流する熱量」を表しています。
要は、物体や壁などの断熱性能を示すもので、数値が小さいほど断熱性能が高いといえます。

種類・型番

【壁の断熱性能測定】
夕方に機材をセットして、一晩中、壁の断熱性能のデータを蓄積します。翌朝に機材を撤去し、データを解析し、壁の熱貫流率を算出、報告書を作成します。
もちろん、断熱性能測定は、住まいながら行うことが可能です。

【モデルハウスの性能測定】
・新しく開発した独自の断熱システムのモデルハウスがどのくらいの熱貫流率があるのか知りたい。
・サッシを二重サッシにしたけれど、どのくらいの性能値が出ているか?知りたい。
・設計値の熱貫流率と実測値の熱貫流率を比較したい。
等々、新築住宅やモデルハウスの断熱性能測定も行います。 壁はもちろん、床・天井・サッシなども性能を測ることが可能です。

ページのトップへ

カテゴリ一覧