NEXT STAGE

施工管理の品質指針「標準施工手引書」

品質向上の入口は、自社基準の構築から。

概要

標準施工手引書とは、建築基準法だけではなく、自社の基準を設けながら施工手順も含めた品質基準を現場視点で工種別に図解化した基準書のことです。

種類・型番

建築基準法や瑕疵担保責任保険の法律基準として定められている領域はごくわずかしか決まっていません。現場を熟知した(株)NEXT STAGEの技術スタッフがしっかりとヒヤリングを行ったうえで施工基準を構築し、会社が目指す品質指針に沿って1社1社違う基準書を作成いたします。経験値やスキルにゆだねない一定の品質基準を共有することが可能になります。

【標準施工手引書の6つのポイント】
・現場を知り尽くした技術スタッフが監修
・職人目線でわかりやすく図解化
・現場で運用しやすいように製本とデータでご用意
・基本的な施工手順が均一化
・経験値やスキルに依存しない安定した施工判断ができる
・施工品質個以上のテキストとなり、現場教育の一環となる

価格(税抜)*当サイトの価格表示は全て税抜きとなっています

標準施工手引書   400,000円~(1工法)※工法によって変動がございます
自社施工品質基準書  80,000円~(1工法)※工法によって変動がございます

備考

相談からでもお気軽に受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

ページのトップへ

カテゴリ一覧