注目の建材10,632商品とメーカー974社を網羅
トレンド

高齢者や子供が使いやすいシステムバス研究【第2回/全3回】あたたかさへの工夫

気をつけておきたいヒートショック対策

施主の家族に高齢の方や子供がいるならば、浴室の安全面や使いやすさには十分配慮したものにしたいですね。主要5メーカーの戸建用システムバスをリサーチし、高齢者や子供が使いやすい浴室選びのポイントを3つ(1浴槽のまたぎ高さと内外段差、2あたたかさへの工夫、3カウンターまわりの工夫)にまとめました。全てが標準仕様ではなく、オプション品もあるので、実際にショールームで体験しながら、必要なものを選んでいきましょう。

企画概要

2:あたたかさへの工夫

ヒートショック予防のための浴室環境を作るためには、浴室や洗面室を暖房で暖め(ステップ1)、断熱化で暖かさを逃がさない仕組みを作ること(ステップ2)が必要だ。

STEP1
浴室だけでなく洗面(脱衣)室からあたたかく

入浴中に亡くなってしまう原因のひとつであるヒートショック。ヒートショックは特に冬場の急激な温度変化で、血圧が大きく変動することで起こってしまう。

そのため、ヒートショック対策として有効なのは、浴室だけでなく、洗面室(脱衣室)から暖かくし、部屋間の温度差をなくすこと。

今回紹介したクリナップ、TOTO、ハウステック、Panasonic、LIXILともに浴室暖房だけでなく、洗面室暖房の取り扱いがある。お客様と相談して、一番使いやすいものを選び、冬場の浴室周りをあたたかくしよう。

ヒートショックは急激な温度変化

TOTO
浴室・洗面所あたたか快適セット

浴室・洗面所あたたか快適セット標準仕様の暖房換気扇と共にオプションで洗面所暖房機を選べば、マルチリモコンのスイッチ一つで浴室と洗面所を同時に暖房することができ、それ以外にも洗面所暖房機は涼風、ドライヤー機能もある。

入浴前からあたためて冬場の床の「ヒヤッ」を解消

Panasonic
<浴室用床暖房>

浴室用床暖房

暖房で天井と床を同時にあたためる

足元からしっかり暖めて、寒い冬でも浴室に入る第一歩から暖かく、身体を洗うときも、あせらずゆっくりできる。また、床暖房と連動するシリーズ(※)の暖房換気乾燥機なら、ボタン一つで、およそ10分で浴室全体が暖まる。

※床暖房と連動するシリーズ(リフォムス戸建用)
カビシャット暖房換気乾燥機(床暖連動)/「ナノイー」搭載 カビシャット暖房換気乾燥機(床暖連動)

クリナップ
<床夏シャワー>

床夏シャワー

入浴前の一分間でぽかぽか空間に

わずか1分間(※)、一気に床へ噴出するシャワー。そのお湯が床を、そしてその蒸気が浴室を暖め、一番風呂も快適に。シャワーが噴出する1分間で、床の温度は20℃まで上昇。他の暖房機器と比較して、短時間で浴室を暖める。

※床夏シャワーの1分について
スイッチを押し、配管の残り水を排水後、水がお湯になってからシャワーの散水時間が 1分。配管の残り水の排水時間は給湯器の設置条件により異なる。

STEP2-1
浴室全体を断熱して冷気を遮断

冬場の冷気の流入を少しでも抑えるために、 天井、壁、洗い場床と浴室全体を断熱材(保温材)で包んだ浴室がおすすめだ。さらに、浴槽の断熱と風呂フタで断熱されていれば、お湯も冷めにくく、追焚きの回数も減らせ、光熱費もお得になる。

浴室のあたたかさが持続するので、長く入浴する人も、次に入る人まであたたかく快適に。ただし、浴室の断熱がどこまでされているかは、メーカーによって異なるので、商品選びの際には確認しよう。

TOTO
断熱材パック・断熱防水パン

断熱材パック・断熱防水パン

断熱防水パンは断熱性を高めるだけでなく、浴槽全体をカバーするので、追い炊きアダプターの破損等による万が一の水漏れを防止することができる。特に2階以上に浴室を設ける場合におすすめだ。

クリナップ
<浴室まるごと保温>

浴室まるごと保温

天井、壁、洗い場床と浴室全体を断熱材で包み込んで、あたたかさをキープ。入浴後30分経っても、浴室内にあたたかさがとどまるので長く入浴する人も、次に入る人も、家族みんなが温かく入浴できる。

浴室内の温度変化

※1 外気温10℃、1坪用1616型(窓なし)の条件で試験を実施。浴槽に42℃の湯をはり、入浴再現としてシャワー湯温42℃を15分散湯。アクリアバスは床夏シャワー1分散湯。保温材なし仕様の壁、天井は厚さ9.5mmの不燃材仕様。(クリナップ調べ2015年10月)。使用の環境、条件により上記の測定値とは異なる場合がある。

STEP2-2
窓リフォームで浴室の温度低下を防ごう

せっかくリフォームで断熱性の高いシステムバスにしても、既存の窓が大きかったり、断熱性がなかったりすると、特に冬場は窓から浴室が冷えやすくなってしまう。窓のサイズを小さくしたり、 断熱性の高い窓に交換することで、温度低下は抑制できる。浴室のリフォームの際には、一緒に窓のリフォームも提案してみて。

LIXIL
<サーモスⅡ-H>

サーモスⅡ-H

単板ガラスの窓から、複層ガラスの窓にすると、断熱効果がアップする。

浴室の温度低下を防ぐための窓リフォーム
1 断熱窓に交換する
2 窓のサイズを小さくする

この記事は「リフォーム営業のための教科書マガジン 月刊誌リフォマガ」2020年2月号の記事を再編集しています。

リフォマガ最新号1月号では、リフォーム営業の実際のプレゼン資料を大公開!
すぐ真似できるノウハウも満載で契約率をアップさせたいひと必見です。ほかにも営業マンのイチ推し建材とPR方法を紹介する「私の推し建材」などボリュームたっぷりの14ページ増刊号です。

公式ページでは最新情報を無料でチラ見せ中!
https://www.reform-online.jp/rsm/

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
システムバスの工程を理解したいならコレ1冊!

リフォーム産業新聞社発行「住宅リフォーム施工マニュアル」シリーズから、新刊バス編(戸建て)が2021年1月18日より発売。戸建ての在来工法からシステムバスへのリフォームの全工程が凝縮。イラストも多く、工程ごとにチェックポイントがついているのでトラブルやミスが減らせる、リフォーム営業なら読んでおきたい実用書です。

書籍詳細はこちら▷
https://www.r-books.jp/products/detail/4654/

この記事に設定されたタグ :
お風呂
システムバス
バリアフリー
ヒートショック
ユニバーサルデザイン
保温性
商品特性
安全
断熱
浴室
浴槽
研究

ページのトップへ

カテゴリ一覧